:: メニュー
広島商船高等専門学校図書館利用規程

 

広島商船高等専門学校図書館利用規程

               平成 4.3.30

最終改正   平成16.4. 1

(趣旨)

第1条 この規程は,広島商船高等専門学校図書館規則(平成4年3月30日制定)第5条の規定に基づき,広島商船高等専門学校図書館(以下「図書館」という。)の利用に関し必要な事項を定めるものとする。

(図書館資料)

第2条 利用することができる図書館資料(以下「資料」という。)は,次のとおりとする。

  図書

  雑誌

  視聴覚資料

  その他の資料

(利用者の範囲)

第3条 図書館を利用することのできる者は,次のとおりとする。

一 広島商船高等専門学校(以下「本校」という。)の職員 

二 本校の学生

三 本校以外の者で図書館の利用を願い出た者

(図書館利用証)

第4条  利用者は,所定の手続きを経て,図書館利用証(以下「利用証」という。)の交付を受けるものとする。ただし,職員については職員証を,学生については学生証をもって,利用証に代えるものとする。

2 利用証の発行については,別に定める。

(開館時間)

第5条 図書館の開館時間は,次のとおりとする。ただし,校長が必要と認めたときは,臨時に開館時間を変更することができる。

  平日  8時30分から19時まで。ただし,春季休業日等の学生の休業日は17時までとする。

二 土曜日・日曜日 10時15分から17時まで

(休館日)

第6条 休館日は,次のとおりとする。ただし,校長が必要と認めたときは,臨時に休館日を変更することができる。

一 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

二 年末年始(12月29日〜翌年1月3日)

(資料の利用方法)

第7条 資料の利用方法は,次のとおりとする。

  館内閲覧

二 館外帯出

  文献複写

  参考調査

(館内閲覧) 

第8条 閲覧室で資料を閲覧しようとする者は,開架書架から必要な資料を取り出して閲覧することができる。

2 閲覧を終えた資料は,正確に元の位置に返さなければならない。 

3 閲覧室においては,注意事項を守るとともに,係員の指示に従い,他人の迷惑になる行為をしてはならない。   

4 注意事項に違反し,若しくは係員の指示に従わない場合は,図書館から退去を命ずることがある。

 (館外帯出) 

第9条 資料を館外に帯出して閲覧しようとするときは,その都度,利用証を呈示して,館外帯出の手続きをしなければならない。

2 館外帯出できる資料の冊数及び期間は,次のとおりとする。

一 一般帯出                    5冊以内,14日以内

二 休業期間中帯出(学生のみ)  10冊以内,休業期間中

三 卒業研究帯出(学生のみ)    10冊以内,卒業研究指導教員の指導の下に30日以内

四 特別帯出   1号から第3号までに掲げるもののほか,図書館長(以下「館長」という。)が特に必要と認めた場合は,特別に帯出することができる。

3 帯出した資料は,責任をもって保管し,他人に転貸してはならない。

(研究室帯出)

第10条 教員は,教育研究上特に必要がある場合は,館長の承認を得て長期にわたり図書を研究室に帯出することができる。

  帯出の期間は,1年を限度とする。ただし,館長の承認を得て1年ごとに帯出期間を更新することができる。

  研究室帯出図書に関し必要な事項は,別に定める。

(帯出禁止資料)

第11条 次の各号に定める資料は,館外に帯出することができない。ただし、館長が特に必要と認めた場合は,この限りでない。 

一 貴重図書及び特殊図書

二 辞書,辞典,百科辞典等の参考図書

三 逐次刊行物の最新号

四 視聴覚資料

五 その他館長が指定した図書

 (返却)

第12条 帯出した資料は,帯出期間内に返却しなければならない。ただし,職員にあっては,本校の職員でなくなるとき,学生にあっては,本校の学生でなくなるとき,席上課程を修了するとき,又は休学等のときは,直ちに返却しなければならない。 

2 館長は,帯出期間を経過し,返却の督促をしてもなお返却しない者には,館外帯出を停止することができる。

3 館長が必要と認めた場合は,帯出期間内であっても,当該資料の返却を求めることができる。

(継続帯出)

第13条 同一資料を継続して帯出しようとする者は,当該資料を添えて,継続帯出の手続きをしなければならない。

2 館長は、前項の継続帯出について,他に閲覧希望者がない場合に限り認めるものとする 。

(書庫検索)

第14条 書庫に入り資料を検索しようとする者は,係員に申し出てその指示に従わなければならない。

 (弁償)

第15条 資料を汚損し,破損し,又は紛失した者は,直ちに届け出るとともに,相当の弁償をしなければならない。

(利用禁止)

第16条 館長は,この規程の定めに違反した者に対し,図書館の利用を禁止することができる。

(雑則)

第17条 図書館資料を利用者の閲覧に供するため、図書館資料の目録及びこの規程を常時閲覧室に備え付けるものとする。

  この規程に定めるもののほか,図書館の利用に関し必要な事項は,館長が定める。

 

   附 則

 この規程は,平成4年4月1日から施行する。

 附 則

 この規程は,平成4年5月1日から施行する。 

附 則

 この規程は,平成5年4月12日から施行する。

     附 則

 この規程は,平成6年4月1日から施行する。

     附 則

 この規程は,平成9年4月1日から施行する。

     附 則

 この規程は,平成13年3月9日から施行する。

     附 則

 この規程は,平成14年4月1日から施行する。

     附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。


前のページ
貸出利用規則
コンテンツのトップ 次のページ
一般公開実施要領